10/7(日)ぶらっと深川散歩「清澄白河」を実施します!

今年は特に暑いですね。

まだまだ暑い日が続きますが、皆様、体調はいかがでしょうか。

 

9月8日(土)にはぶらっと”粋”散歩「向島」を実施する予定ですが、その次の10月の予定が出来上がりました。

3回目になる清澄庭園「涼亭」でのランチ懇親会と深川散歩です。

清澄庭園「涼亭」でのランチは正真正銘、今回が最後です。

ご興味がある方は是非、この機会に体験してみてください。

 

さて、深川の歴史ですが、徳川家康の入国により、天正18(1590)年から開削が進められていた小名木川の北側を、摂津国出身の深川八郎右衛門他が開拓し、慶長元(1596)年に深川村を創建しました。

 

家康は塩を江戸市中に運び込むために、掘割(運河)の掘削工事を計画しましたが、掘割のなかで最初に整備されたのが、現在、清澄地区を流れる小名木川。

そのため、この地は江戸初期の時代から「物流の拠点」となり、川沿いには物資を貯蔵する蔵などが多く建ち並んでいたと伝わります。

 

このような名残の残る街並みをぶらっと散歩。

 

そしてお待ちかねのランチですが、今回は特別にゼノビッチさんによる薩摩琵琶の弾き語りも楽しんでいただきます。

食事は和食と日本酒の飲み比べです。

 

こんな内容で実施しますので是非、ご参加くださいませ。

 

今回の正式なチラシは、娘が作ったものを採用していますが、私が作った従来タイプもありますので、載せてみました(笑)

 

センスは平成生まれの娘作成のものの方がやはりいいかもしれません。。。

私も精進しなくては・・・